GEISAI#20審査員 岩渕貞哉様より出展者の皆様にメッセージ

5月4日(日)に開催されるGEISAI#20。
いよいよ明日申込締切となりました。

本日はGEISAI#20審査員の、 『美術手帖』編集長の、 岩渕貞哉様に、GEISAI出展者の皆様宛に、 メッセージを頂きましたので配信させ頂きます。

______

『美術手帖』の岩渕です。このたびは、GEISAI#20の審査員を務めさせていただくことになりました。よろしくお願いします。

 実は2011年3月13日に開催予定だったGEISAI#15に、今回ご一緒するチームラボの猪子寿之さんとともに審査員とし て参加予定でした。そのときの審査員は、猪子さんのほかにグッドスマイルカンパニーの安藝貴範さん、ゲンロンの東浩紀さん、ピクシブの片桐孝憲さんでした。日本社会の中にどう文化を接地させるかということにチャレンジして成果を出している尊敬できる同世代の方々と、しかも自分のホームである現代美術の審査の場に立つことは、自分の中では大きなターニングポイントになると思っていました。

 でも、東日本大震災が起きてGEISAI#15は中止となった。否応なく足下を揺さぶられたことで、自らの活動のモードも切り替えを余儀なくされた。それは今回、出展されるアーティストも変わらないと思います。

 短い時間で出品された作品だけから、作家の真価を見極めるのはとても難しいですが、できるかぎり作品だけでなく、その人となりや覚悟も含めて審査したいと思っています。これからともに世界で戦っていく、一人でもそんなアーティストと出会えたらと願ってい ます。

____________

GEISAIは今年は今回の、#20の1回のみとなります。
この機会をお見逃し無く。